おいしいもの

【フシコス】奇跡のギリシャ産最高級オリーブオイル|いちど食べたらやみつきになる本物の味!

美容と健康にとてもよいエクストラバージンオリーブオイル。

産地や製法など種類がたくさんあって、ニセモノも多い中、どの商品を選べばいいか迷ってしまいますよね。

 

mana
mana
すごくこだわるわけではないけれど、できれば新鮮でおいしいエクストラバージンオリーブオイルを食べたい!

 

ネットで目にしたオリーブオイルショップのストーリーにちょっと惹かれ、購入してみました。

お店の名前は『フシコス

ご存知ですか。福岡では有名みたいですね。

缶を開けた瞬間からいい香りがして、今まで食べたどこのオリーブオイルよりも抜群においしい!

大当たりでした!

今回は、いちど食べたらやみつきになってしまう、本物の最高級オリーブオイル『フシコス』をご紹介します。

 

新鮮でおいしいエクストラバージンオリーブオイルを見分ける3つのポイント

オリーブオイル

 

エクストラバージンオリーブオイルは、風味、香りともにすぐれオリーブオイルの中で最も鮮度が高いオイル。

でも、日本ではエクストラバージンオリーブオイルと表示できる基準が、国際オリーブオイル協会(IOC)が定めた国際規格よりゆるいので、偽物も多く存在してしまいます。

ここでは、本物のエクストラバージンオリーブオイルを簡単に見分けられるポイントを3つご紹介します。

この3点をクリアすれば、偽物はかなりふるい落とせるはずです。

  • 酸化から守ってくれる容器であるか
  • しっかり内容の表示がされているか
  • 0.8以下の酸度であるか

 

酸化から守ってくれる容器であるか

エキストラバージンオリーブオイルの大敵は光です。

光はオイルの酸化を進めてしまい、酸化が進むと味も香りも落ちてしまいます。

オイルの容器は、ペットボトルより濃い色のついた遮光ビン、遮光ビンより光を通さない缶がいいとされています。

またサイズは、開封後1~2ケ月で食べきれる量が理想です。

しっかりと内容の表示がされているか

 

裏面のラベルや公式サイトに、リーブの品種・原産国・抽出製法がしっかり記載されているか確認しましょう。

抽出製法は、コールドプレス(低温圧縮)製法ならOK。

オリーブオイルの生産量が多いのはイタリア産やスペイン産ですが、本物のエクストラバージンオリーブオイルの生産比率がいちばん高いのはギリシャ産、80%を占めています。

 

酸度が0.8%以下であるか

 

国際オリーブオイル協会(IOC)が定めた国際規格では、エキストラバージンオリーブオイルは酸度(遊離脂肪酸)の割合が100g中0.8g以下とされています。

ちなみに今回ご紹介するフシコスの数値は、酸度0.8%以下をはるかに下回る0.27%

もはや 最高レベルとも言える逸品です。

 

もっと詳しく選び方を知りたい!という方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

だまされないで!本当に品質の良いエキストラバージンオリーブオイルの選び方(※準備中)

 

ギリシャ産フシコスオリーブオイルの4つのこだわり

フシコスオリーブオイルは、さきほどの3つのポイントをすべてクリアしています。

そのうえさらに4つのこだわりがあるのです。

一切の化学処理をしないコールドプレス製法

酸化しにくいコロネイキ種

鮮度に差がつく空輸

生産者の顔がみえるオリーブオイル

化学処理を一切しないコールドプレス製法

 

フシコスはコールドプレス製法でつくられています。

コールドプレス製法とは、オリーブの果実や種子に熱を加えず、圧力をかけて抽出する方法。

高温で抽出したオリーブオイルにくらべ、栄養素が破壊されることがありません

作り方はとてもシンプルで、オリーブを収穫後、洗浄し、撹拌し、タンクに入れるだけ。

そのあとは自然の時間にゆだね、4ヶ月待つと、金色に輝くエキストラバージンオリーブオイルができあがります。

フシコスのオリーブオイルは化学処理を一切おこなわない、昔ながらの製法でつくられているのです。

 

酸化しにくいコロネイキ種

フシコスオリーブオイルの缶のラベル

 

フシコスは、ギリシャ固有のコロネイキ種を100%使用

コロネイキ種は、1,000種類以上あるオリーブ品種のなかでもとりわけオレイン酸とポリフェノールの含有量が多く、最も酸化しにくい品種として知られています。

収穫時期になるとイタリアやスペインのオリーブオイルメーカーがこぞって輸入し、自社のオイルにブレンドしたがるほどの実力を備えた品種です。

 

鮮度に差がつく空輸

 

多くのオリーブオイルは、海外から船便で何日もかけてやってきます。

でもフシコスのオリーブオイルは空輸

わずか1日ほどで日本へ到着するので、圧倒的に鮮度がちがいます

 

生産者の顔がみえるオリーブオイル

 

野菜や肉、魚など、国内の生産品では目にすることの多い、生産者がわかる産直品。

フシコスのオリーブオイルは、ギリシャのシラキス・ファミリーが700年前から先祖代々たいせつに育てているオリーブから作られています。

生産から出荷まで一貫しておこなっている、国際的な産直限定品と言えます。

おすすめは缶入りのフシコスオリーブオイル

 

フシコスオリーブオイルには、瓶や遮光ビンもあるのですが、おすすめは、光を100%遮断してくれる缶タイプ。

サイズは2種類

  • ミニサイズ:200g
  • レギュラーサイズ:450g

どちらもオリーブオイルと専用ポアラーのセットで届きます。

フシコスオリーブオイルの缶タイプの包装
オイルを酸化から守ってくれる缶に入ってます
フシコスオリーブオイルの缶
ふたを外すと中にもキャップ
フシコスオリーブオイルの缶
空気が入りにくい構造の専用ポアラーがついてきます
フシコスオリーブオイルの缶の注ぎ口フシコスオリーブオイルの専用ポアラー
缶にしっかり押し込み、専用ポアラーを取り付けます
フシコスオリーブオイルに専用ポアラーを取付け

 

mana
mana
いちいちふたを開け閉めしなくていいので使い勝手がよく、とても便利です
液だれもしません!

 

フシコスオリーブオイルはどこで買える?

 

フシコスオリーブオイルは福岡県の実店舗のほか、ネットならAmazon・楽天・公式サイトで購入できます。

公式サイトだと、初回限定で「ミニサイズセット」が購入できるので、チェックしてみてくださいね。

通常価格3,300円が、30%オフの2,322円(税込)+送料648円 とお得になっています。

ミニサイズセット

  • オリーブオイル200g
  • 専用ポアラー
  • おいしくリーフレット
  • レシピカード

 

そして継続購入の場合も、公式サイトならリピーターに嬉しい特典があります。

  1. 定期便利用の場合は、割引価格を適用(簡易包装・回数のしばりなし
  2. 送料無料

たとえば、定期便の1缶(450g)セットの場合、金額は下記のようになります。

定期便の回数/商品1缶セット 定価8,100円
初回~3回目定価から20%オフの6,480円
4回目~9回目定期便価格からさらに5%オフの6,156円
10回目~定期便価格からさらに10%オフの5,832円

 

商品が使い切れていない時は、次回お届け予定日の8日前までなら電話(0120-503-077)またはお問い合わせフォームからいつでも変更が可能。

続けるほどどんどんお得になります。

プレゼントとして贈りたい場合は、定期便の価格が適用されたまま、化粧箱入りに変更してもらえます。

 

そのまま食べれば違いがわかる!フシコスオリーブオイルのおすすめの食べ方

 

フシコスのエキストラバージンオリーブオイルは、そのまま食べると味や香りの違いがよくわかります。

わが家で試してみたおすすめの食べ方を4種類ご紹介します。

 

シンプルサラダ2種

シラスとオリーブオイルのサラダ

レタス・しらす・フライドオニオン

味付けはシンプルに塩・コショウ・オリーブオイルだけ。

毎日食べても飽きない味になります!

このサラダを食べるようになってから、ドレッシングの出番がなくなりました。

しらすで、DHA・EPAがとれるのでおすすめ。

mana
mana
わが家でのいちばん人気です

 

コーンサラダとオリーブオイル

レタス・コーン

こちらも味付けはシンプルに塩・コショウ・オリーブオイルだけ。

甘いコーンより、甘みの少ないコーンの方があいます。

コーン選びに失敗したときに試してみてください♪

 

ニンジンとカラムーチョのサラダ

ニンジンとカラムーチョのサラダ

にんじん・カラムーチョ

にんじんが苦手でも、スナックとあわせることで食べやすくなるサラダです。

オリーブオイルをたすことで、マヨネーズとあえても軽さがでます。

 

作り方
  1. にんじんを千切りにして塩・コショウをふる
  2. カラムーチョを砕いて①にまぜる
  3. オリーブオイル・マヨネーズ(各適量)で①をあえる
  4. ちぎったレタスにのせる

残って湿気てしまったカラムーチョでも大丈夫です。

 

mana
mana
わが家ではニンジン1本ペロリと食べちゃいます

 

フランスパンにつけて

バゲットとオリーブオイル

フランスパン・オリーブオイル・少量の塩

オリーブオイルのフレッシュな香りや特徴が、いちばんわかる食べ方です。

塩気もあって、食べだすと止まらない味!

チキンカツ(ノンフライ)のアクセント

ノンフライチキンカツにオリーブオイルをかけて

 

ノンフライのチキンカツを作るときにオリーブオイルを回しかけます。

そのままはもちろんですが、熱してもおいしいのです。

さらに仕上げに少しだけかけると、香りがぐんとひき立ちます。

さらりとしているので、衣はサクサク、全く脂っこさを感じません。

 

まとめ

 

フルーティーで味わい深く毎日食べても飽きない、フシコスオリーブオイル。

美容にいいのはもちろん、免疫力を高めたり、便秘や腸内環境の改善にもなります。

この貴重なギリシャからの産直品。

あなたの厳しい目と舌で、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

以上、いちど食べたらやみつきになってしまう、本物の最高級オリーブオイル『フシコス』のご紹介でした。

関連記事