ライフスタイル

手帳が続かない!2つのコツで空白だらけの手帳を楽しく復活!

今回は、買ったけれど、だんだん使わなくなっていく手帳を、

楽しく復活させるコツについて、私の経験をもとにお伝えします。

ポイントは2つで、とても簡単です

 

手帳を買っても続かない、書くことがない、という方!

一緒にあなたの手帳をリニューアルしませんか

いつからスタートしても遅くありませんよ!

 

続かない手帳を続ける手帳に復活させるコツ

 

毎年、続かないかなと思いつつ、来年の自分に期待して買ってしまう手帳。

私も昨年までは、最初の数ヶ月しか使っていませんでした。

だんだん書くことがなくなって、白紙になっていくんですね。

 

これは昨年の手帳。開始3ヶ月ほどで、すでに日にちを書くことすら、やめていました。

 

でも、今年はちょっと使い方を変えてみました

そして、この使い方にしてから、楽しんで使えるようになりました。

ポイントは2つ

私の使っている手帳は、1ページで1日分になります。

 

使い方

  • 左側のタイムラインは余白
  • 右側の上1/3は今日の出来事。残りはやったことリスト

 

これだけ決めておいて、あとは自由に書いています。

 

ポイント1 やったことリスト

 

ひとつめのポイントは「やったことリスト

毎日生活していると、何かしら「今日のじぶんがやったこと」ってありますよね。

ご飯を作った。洗濯をした。子供に本を読んだ。仕事をはやく切り上げた。

とにかく、自分がやったことを書きます

すると、自分が、がんばって生きていることに気づきます。

気づいたら、自分を褒めてあげることを忘れないでくださいね

 

不思議ですが、書き続けているうちに、やったこと以外にも書きたくなってきます。

今日覚えたこと、明日やりたいこと。

だんだんと内容が濃くなってきて、そのうち、1ページからはみ出ます。

左側の余白にも進出します(笑)

 

ポイント2 印刷は気にしない

 

ふたつめのポイントは「印刷は気にしない

例えば、タイムライン。時間が印刷されているので、スケジュールを書きたくなります。

でも、無視しましょう

好きなことに使えばいいのです

イラストでもいいし、愚痴でもいいし。欲しいものを書くのもいい。

 

TO DO LIST

 

手帳が続かない理由の一つに、「スケジュールを埋めること」があると思うのです。

予定がある日はいいのですが、ない日は当然、空白になります。

それが続くと、やっぱり書かなくてもいいか、と思うようになって

書くこと自体が面倒になってきます。

面倒になったら、手帳を開くこともなくなります。

気づけば、いつしかホコリをかぶって・・・・ゴミ箱へ。

だから、この際、印刷は無視して自由に使ったらいいと思うのです。

楽しんで使うことができたら、きっと続きます。

 

  • スケジュール管理ではなく、やったことリストを書く
  • 手帳の印刷は気にしない、あえて無視する

 

お気に入りの手帳を見つける

 

ほぼ日手帳

 

なんとか続く方法はないものか、と考え、ちょっとお値段のする手帳にしてみました。

私は、ほぼ日手帳の「オリジナル」を使っています。

きっかけは、手帳カバーの種類がたくさんあって可愛いから!

 

自己満足になりますが、テンションがあがるカバーは大切なポイント

もちろん、手帳の中身もユーザー目線で、しっかり考えて作られています。

 

ほぼ日手帳のラインナップ

ほぼ日手帳は大きく分けると、4タイプ。A6サイズのオリジナル、A5サイズのカズン、スリムな週間手帳のweeks、英語版のPlanner。豊富なカバーのほか、手帳本体だけでも販売しています。2017年12月から「ほぼ日5年手帳」も仲間入りしました。

引用:ほぼ日ストア

>>>ほぼ日手帳ラインナップはこちら

 

半年ごとに分かれている「avec」もあります。

ちなみに「カズン」も半年ごとに分かれているものがあって、私以上に続かない夫は、こちらを使用しています。

ロフトでは、ほぼ日手帳の全商品を取り扱っています

14年連続売上NO.1のほぼ日手帳を、ぜひチェックしてみてくださいね!

>>ロフトの公式通販サイト 『ロフトネットストア』

 

icon

ほぼ日手帳 下敷きを購入した感想

 

ひとつだけ気になっていたのが、手帳に使われている紙が少し薄いこと

裏側にボールペンのデコボコがうつりやすいです。

そこで下敷きを購入してみました。

こちらはヨシタケシンスケさんとのコラボ企画の「YES・NO下敷き

裏側にはNOのイラストが描いてあり、15㎝ の定規としても使えます。

口で言いづらいときは、こちらで意見表明ができます」という遊び心がいいですね!

オリジナル、カズン、weeksに対応してます。

手帳の下敷
実際にはさんで書いてみました!
手帳と下敷き

 

書いたページの裏側になります。

紙が薄いので、字が書いてあるのは見えますが、さわってもデコボコしていません

スルスルと書きやすくなりました!

上にちょっとだけ顔を出している緑色のタブも、今日のページがわかりやすくていいです。



ほぼ日手帳 2019年の購入特典は?

 

ほぼ日手帳は、毎年購入特典がついてきます。

2019年は「くまのおすわり文鎮」と3色ボールペン

左側のページに書く時に役立ちますね。

ほぼ日手帳購入特典

くまの表情が何とも言えません
くまのおすわり文鎮

 

ボールペンの方はと言うと・・

素敵なインクを見つけてしまい、とうとう万年筆デビューをしてしまったため、しばらくお休みとなりました。

ほぼ日手帳の紙は、するする書ける紙質なので万年筆もおすすめです。

【初めての万年筆とインク選び】パイロットの『色彩雫(いろしずく)』にひとめぼれ!

 

icon
icon

最後に

 

スマホやPCに触れることが多くなって、字を書くことが少なくなりましたよね。

漢字が書けなくなっている自分にガクゼンとしました。

字を書くことはアラフィフの私にとっては脳のリハビリでもあります。

だんだん忘れっぽくなっていたけれど、記憶力は昨年より上がってきた気がします。

最近は、ブログについての考えも書き溜めているので、1日の欄がぎゅうぎゅうです。

書くことは思考の整理にも役立っているので、おすすめです

改めて、手帳の良さを知ったところです。

 

面白い使い方をみつけたら、ぜひ教えてくださいね。

手帳の次はカレンダーの準備

Paper Sourceカレンダー
お部屋のセンスがアップするカレンダー!おすすめはPaper Source(ペーパーソース)おしゃれな輸入カレンダーといえば、Paper Source(ペーパーソース)。見やすい!書き込める!おしゃれ!の3拍子揃った2019年のカレンダーをご紹介します。...
mana
mana
大丈夫!来年の手帳は続けられるよ!
関連記事