グッズ

【ユニロイ】世界一軽くてさびにくい鋳物ホーロー鍋をバーミキュラユーザーが比較レビュー

おいしい煮物料理をつくる鍋として、すっかりおなじみとなった鋳物ホーロー鍋。

わが家では、3年近くバーミキュラ鍋を使っているのですが、洗うときは「やっぱり重いなー」と感じることがあります。

でも鋳物ホーロー鍋でつくるおかずは断然おいしく仕上がるので、できればもうひとつ揃えたいと思っていました。

2つめは軽めの鍋がいいなと思い、数ある鍋の中から白羽の矢を立てたのが、新潟県燕三条のブランド『UNILLOY(ユニロイ)』

実際に手にしてみると、驚くほど軽い!!

しかも他の鍋に比べて大容量なのに価格が1/2

掘り出し物を見つけた気分です。

この記事では、ヘビーユースが期待できる『UNILLOY(ユニロイ)』鍋の紹介と、実際に使ってみた感想をご紹介します。

mana
mana
バーミキュラユーザーの視点からチェックしてみます!

 

\洗い物がだんぜん楽になる/UNILLOY

私が惹かれたユニロイの4つのメリット

 

ユニロイのホーロー鍋には4つのメリットともいえる特徴があります。

  1. 毎日使いたくなる軽さ
  2. 鍋の厚さが2㎜しかないので熱の伝わりが早い
  3. さびにくい一体型のデザインは曲線が美しい
  4. 直火・IH・ふたをしたままオーブンも可能

毎日使いたくなる軽さ

燕三条のユニロイ

 

「鋳物ホーロー鍋は使ってみたいけど…」とためらってしまう原因のひとつが鍋の重さ。

どのブランドも、かなりの重量があります。

ところがユニロイは、22㎝の鍋でもたったの2.7㎏

実際に手に取ってみると、鋳物ホーロー鍋とは思えない軽さに驚きます。

たとえば、人気ブランドの鋳物鍋22㎝の重さを比較してみると、その差ははっきり。

ブランド22㎝鍋の重さ
バーミキュラ4.2㎏
ストウブ3.98㎏
ル・クルーゼ3.7㎏
リロンデル4.2㎏
ユニロイ2.7㎏

 

約1㎏~1.5㎏の違いは、牛乳1パック以上の差に匹敵します。

料理中にはさほど気にならない鍋の重さも、洗うときやすすぐときにはずしりとくるので、片手で持てる軽さは、とても二の腕にやさしいです。

 

mana
mana
鋳物ですか?と思うほどの軽さで、毎日使いたくなります

 

食洗器も、中性洗剤ならそのまま使用可能です。

 

鍋の厚さが2㎜しかないので熱の伝わりが早い

左側の鍋がユニロイ
ユニロイ鍋の薄さの比較

 

ユニロイのホーロー鍋は厚さが2㎜

そのため厚みのある鍋にくらべ、鍋に入れた具材に熱が早く伝わります。

一気に加熱して、素材のうまみを逃しません。

 

mana
mana
少量の煮物やさっと火を通すものは、今までより時短で調理ができるようになりました

 

ユニロイ鍋の熱伝導率

画像:UNILLOY公式サイト

 

さびにくい一体型のデザインは曲線が美しい

継ぎ目のないユニロイ鍋ユニロイ鍋のフタ

 

ユニロイのホーロー鍋をみて、美しい!と思ったのがこの曲線。

そして一体型のデザインの鍋やふたのフチまで、ホーローのコーティングがしっかりされています

さびが心配される接合部も、これなら安心です。

 

グッドデザイン賞受賞のユニロイ鍋画像:UNILLOY公式サイト

ユニロイのホーロー鍋のデザインは、デザイナーの山田耕民氏。

世界中で愛用されているグローバル包丁のデザインをされた方です。

国内外で2つのデザイン賞を受賞した、シンプルで洗練されたデザインは、曲線が美しく長く使っても飽きないフォルムです。

鍋のフタは取っ手にかけられます
取っ手にひっかかるユニロイ鍋のフタ

 

mana
mana
調理スペースがない時に便利かも

 

直火・IH・ふたをしたままオーブンも可能

ユニロイはフタをしたままオーブン料理ができる

 

ユニロイは直火、IHだけでなく、ふたをしたままオーブン料理が可能です。

蓋のツマミがステンレス製なので、250℃程度なら蓋をしたまま鍋ごとオーブンに入れることができます。

今まで鍋をそのように使ったことがないので、新しいレシピが増えるのでは!とちょっと楽しみな仕様です。

 

\扱いやすさはダントツ/

使って感じたユニロイのデメリット

 

バーミキュラと比べてデメリットと感じる点は2つ。

(ホーロー鍋全般に言える、「急激な温度変化に弱いこと」や「着色のしやすさ」は除きます)

  1. 密閉性がバーミキュラに比べてすこし弱い
  2. 火加減の目安がわかりにくい

密閉性がバーミキュラに比べてすこし弱い

 

バーミキュラは密閉性がとても高いので、こちらと比べると、ユニロイの密閉性はじゃっかん弱いと感じます。

フタが軽かったり、ふちまでホーローコーティングがされている点を考慮すると、仕方がないところでもあります。

でも他の素材、たとえばアルミ鍋などに比べたら密閉性は優れているので、煮る調理の時などはおいしく仕上がります。

密閉性重視ならバーミキュラ、扱いやすさならユニロイがおすすめです。

火加減の目安がわかりにくい

 

フタをしたまま調理をすることが多い鋳物ホーロー鍋は、火加減の目安がわかりづらいのが難点です。

バーミキュラの場合、火加減はこのくらいで!という目安が、煙の出方やフタがカタカタする音でわかりやすくなっています。

でもユニロイは音がしないので、慣れるまでちょうどいい火加減がすこしわかりにくいです。

弱めの火加減で調理すれば、焦げつきや吹きこぼれといった心配はないので、私のようにベストな火加減を見つけたい!という方でなければそこまで気にならないと思います。

 

ユニロイ琺瑯鍋の仕様

ユニロイ鍋の色とサイズ一覧

 

ユニロイのホーロー鍋は、深さ・サイズがそれぞれ2種類ずつ、全部で4種類から選べます。

色は和名のついた6色

カドミウム・鉛・クロムを使っていないので、やさしい色合いのラインナップです。

サイズ容量重量価格
20㎝ 深型28.5× 21.5× 16 cm3.0ℓ2.2kg23,000円
22㎝ 深型30.9× 23.5× 16.5 cm3.8ℓ2.7kg25,000円
22㎝ 浅型30.9× 23.5× 12.6 cm2.6ℓ2.2kg24,000円
24㎝ 浅型33.5× 25.5× 13.7 cm3.2ℓ2.6kg27,000円

【共通】

厚さ底 2.5mm 側面 2mm
材質FCD鋳鉄
表面加工ホーロー加工仕上げ
対応熱源オール熱源対応
(ガス、IH、シーズヒーター、ラジエントヒーター等)

 

初めての鋳物ホーロー鍋なら「くろがね」がおすすめ

ユニロイ鍋のくろがねの内側

 

初めての鋳物ホーロー鍋で、こげつきが心配という方は、6色の中で唯一うちがわに凸凹があり、具材がくっつきにくい「くろがね」がおすすめです。

 

\一番人気の色です/

 

ホーローのはがれ・変色にはリペアサービス

 

ユニロイでは、ホーローのはがれや変色してしまった場合、有料でリペアサービスがあります。

ホーローを全部はがしてから、ふたたびホーロー加工をするので、どの色にも変更が可能です。

 

リペアサービスの流れ
  1. 電話・メールでユニロイに連絡
  2. 製品(本体+フタ)を必ずセットにして送料元払いで送る
  3. リペア(2週間)
  4. 完成の連絡後、リペア料金と送料を代引き(手数料はユニロイ負担)または、銀行振込にて支払い
  5. 商品お届け

リペア料金表

製品(部品)フタ本体セット
20㎝ 深型5,000円11,000円16,000円
22㎝ 深型6,000円12,000円18,000円
22㎝ 浅型6,000円11,000円17,000円
24㎝ 浅型6,000円12,500円19,000円
ツマミ(交換)1,000円
ツマミネジ(交換)200円

※上記のほかに別途送料がかかります

 

リペアサービスはそれなりにお値段がするので、最終手段としたいところですよね。

調理後にすぐお手入れをすれば、着色やこげつきはかなりキレイにすることができます。

バーミキュラのレビュー記事の中でご紹介していますので、よかったら参考にしてみてください。

「三条特殊鋳工所」の社長さんにお話をうかがいました

22㎝深型鍋を実際に持っていただきました
ユニロイ鍋と三条特殊鋳工所の社長さん

 

この方は、日本の代表的な「ものづくり」のまち燕三条ブランドを支えているひとり、ユニロイを作っている会社「三条特殊鋳工所」の社長さんです。

タイミングよくお話を伺う機会があり、写真をとらせていただきました。

鋳物ではむずかしいと言われる2㎜の厚さに挑戦し、試行錯誤を繰り返してようやく出来上がったユニロイ鍋。

現在も、さらに良いものが作れないかと日々改良を続けているそうです。

10月中旬には同じく厚さ2㎜のフライパンが登場する予定。

発売が楽しみです。

mana
mana
社長さんも愛用中で、ご飯もユニロイで炊くそうです

 

ユニロイ鍋はどこで買える?

 

ユニロイは、三条の直営店、全国各地の百貨店、楽天のほか、公式サイトオンラインショップから購入できます。

どこも定価での販売ですが、3年間保証をつけることができるのは公式サイトだけです。

3年間保証がつけられるのは公式サイトだけ

 

UNILLOY3年間保証とは、万が一、鍋が破損したりホーローがはがれた場合、3年間は定価の半額新品と交換できるという制度です。

加入料金は2,500円ですが、この金額を払っても、ホーローのリペアサービスを受けるより安くなります。

たとえば22㎝深型の場合、リペアサービスだと18,000円ですが、3年間保証なら15,000円。実に3,000円もお得になるのです。

残念ながら破損の場合はリペアサービスは使えないので、入っておいて損はない制度です。

 

【保証対象】

保証加入商品の破損や不具合

  • 落下等による割れ、変形
  • ホーローの欠け、傷等
  • 焦げ付き
  • 空焚きによる損傷(ホーローチップ、ホーローヒビ等)

※メーカー側過失による製品の不良および破損は別途対応いたします

【保証内容】

定価の50%の価格で新品と交換(色の変更は可能、商品の変更は不可)
※保証加入商品につき1回限り

【保証期間】

購入日から3年間
※新品交換時の再加入はできません

【保証条件】
  • 必ず不具合現品、破損現品を返却ください
  • 交換は、保証に加入した商品と同商品に限ります(商品カラーの変更のみ可能)
  • 今後のために、不具合や破損が生じた時の使用状況をお伺いすることがあります
【加入料金】

2,500円(税抜)

\安心でお得な3年間保証/

 

【レビュー】ユニロイはつい手が伸びてしまう鍋だった!

ユニロイ鍋20㎝うすにび

 

わが家はバーミキュラが22㎝なので、ユニロイはひと回り小さい20㎝にしました。

色は新色の「うすにび」。

最初はグレーって地味かなと思ったのですが、キッチンに置いてみると意外と大人っぽくていい色です。

それに、お皿のかわりに鍋ごと食卓に出してみると、圧迫感がないだけでなく、とても料理が映えます

ちょっとオシャレ感がでて、料理が上手になった気分です。

わが家のダイニングテーブルの色がダークブラウンというのもあって、濃い色のテーブルには淡い色が相性抜群だと感じます。

そして料理をしてみると、実感するのは容量の大きさです。

同じ20㎝の雪平鍋と比べてみましたが、同量の材料をいれてもまだまだ余裕がありました。

おかげでふたをしたままでも、吹きこぼれの心配がありません

 

持ちやすいユニロイ鍋のフタ

 

鍋のフタは、取っ手に指がしっかり引っかかるデザインです。

素手はもちろん、ミトンをしていてもつかみやすい造りになっているので、スムーズにフタがはずせます。

うっかり落としてしまうなんて心配はありません。

最後は、なんといっても調理後に鍋を洗うときが軽くて楽々

鍋底もフラットなので、とても洗いやすいです。

社長さんが、「気が付いたら毎日出しっぱなしになる鍋になった」とおっしゃっていましたが、わかる気がしました。

なかなか使い勝手の良い鍋なので、ヘビーユースになりそうです。

鍋でのごはん炊きにも挑戦してみたくなりました。

 

\お手入れらくらく/UNILLOY

 

 

以上、ヘビーユースが期待できる『UNILLOY(ユニロイ)』鍋の紹介と、実際に使ってみた感想のご紹介でした。

関連記事